デザイン性の高いインテリアは
集客できるゲストルームのカギとなります

もともと海外では認知度の高かったAirbnbですが、
近年「シェアリングエコノミー」という言葉の広まりとともに、日本のメディアでも度々取り上げられることが多くなってきました。

2015年8月現在、Airbnbには日本国内だけでおよそ2万件の物件が登録されていますが、
2020年の東京オリンピックに向けて物件数は今後も増加し続けることが予想され、Airbnb内での競争激化は必至です。

そのような中で魅力的なゲストルームを作るには、インテリアの力が欠かせません。

あなたなら、素敵な家具や日用品に囲まれたお部屋とお布団が敷かれただけのお部屋、どちらに泊まりたいですか?

初期段階の「作り込み」に力を注ぐことで、継続的に集客できるゲストルームが実現できるのです。